え?

今までどの保育所や学校に行っても問題児扱いされてたウチの元気な8歳児が褒められる、という事態が発生しました。母としては「それ本当にウチの子の話をしているの?」と聞いてしまったほど。

三年生の先生からは、算数が良くでき、読書が好きでこの年齢層の子にしてはかなり語彙力も高いとお褒めの言葉を頂いてしまいました。なので学力が高い子供が受けるプログラムに推薦され、パスすればお兄さんに合うレベルのカリキュラムを組んでもらえるらしいです。

お母さん、注意の連絡が来ないだけでありがたいですー。その調子でどうぞよろしく。

デート。

たまにはデートも必要、ってなことで良いとこに連れて行ってもらいました。

うふふ。

日食。

この地域では100年に一回の日食、見事な晴天。



75%皆既日食。

いい勉強になったかしらねえ。

夏休み。

夏休み後半、突然都合がついて旅行をする事にしました。目的地は。。。
ナイアガラの滝(アメリカ・カナダの間の橋から)。

大雨が降っているみたいー!びしょぬれ。




こっちはアメリカ側から。



車で国境越え。



歩いて国境越え。

Horseshoe。

何でもおもちゃ。

悪さをすると罰としておもちゃを取り上げたりするのですが、正直意味がないんじゃないかってのはずっと思っていました。だってなんでもおもちゃにするんだものー。

これはスーパーで、袋を閉じるタイをもらってきて(しかもちゃんとスーパー店員に確認)丑三つ時の人形作った。



アップルソースのキャップで何やら創作中。

おもちゃ、要らないよね?
ってか怒られておもちゃ取られてるのに結局こうやってなんでもおもちゃにして遊ぶから、全然反省会になってないよね?

日本語学習

いろいろ限界を感じます。はああ。

差別。

同成婚がアメリカで合法化して二年が経ちましたが、そういう偏見ってなかなかなくなるものではないですねぇ。

今日ウチのお兄さんをお迎えに行ったら大人に囲まれ事情聴取されていました。あーあ、また悪さしたかと思いきや、今回はバスのなかで「(お兄さんは)男の子が好きなんだ、やだー」と子供たちが騒ぎ出したためどうしてそういうことになったのか事情を聴かれてただけでした。

詳細もろもろは省きますが、私が思ったのは
1.個人の性的嗜好は個人の自由(どーでもいいじゃない、害があるわけじゃなし)。
2.子供たちがそう騒ぐのは社会でまだゲイが差別の対象とされている証拠(よっぽどましになってきたとは思うけど)。
3.イーサンの「男の子が好き」発言はおそらく性的嗜好としてではなく、人間の話。その揚げ足取ってからかうような文化が子供たちの中でも深く根付いている(これは周りの大人の影響大、いじめってこうやって始まるのよね)。
4.それでからかわれてもケロッとしてたお兄さん(えらい)。

NCに住んでいたころ、学校区で住居を選択しましたがあの選択は間違っていなかったと確信しました。今のところは長期でいるつもりはないのであまり学校区にこだわらなかったのだけど、学校区によっては残念なところもあるのがはっきり分かりました、今のところがまさに残念を極めます。

それにしても、ウチのお兄さん勉強に集中しないし問題ばっか起こしてるけど、こういうの気にしてないってのはきっといいことなんでしょう。。。(たぶん)


いいんじゃないの。


スーパーに買い物に出かけたら店の前に消防車三台。

何事かと思ったら単純に消防士さんが買い物中でした。

日本でこんなことしたら大騒ぎだろうなと思います。これ、消防士が消防署のために勤務時間に買い物しているだけで、いつでも緊急時に対応できるよう消防車で乗り付けているだけの話だと思うのです。いいじゃないねぇ。。。こうやって世間の目に消防車をさらすのもいいことだと思うし、消防士だって人間なのだから。

国境

アメリカ国内を南下したので是非訪れてみたかった場所へ行ってみました。

それは・・・国境!
川の向こうはメキシコ。



沖縄出身の私に取ってそもそも県外も海の外、車で行けちゃうってのが驚き。それがねえ、国も車で行けちゃうってなんだかドキドキしちゃいます。今回パスポート持ってきてないので向こう側にはいきませんでした。どうやら治安がよろしくないらしいので行けない?
P♪ のブログ。
米国で自由なパワフル8歳男児に振り回されっぱなしな働くお母さん。このやなわらばーはどうしてくれようか。

コメント・トラックバックは受け付けておりません。下記のメールフォームから連絡可能です。限定記事のパスワードは、面識がある方のみに差し上げています。
ブログ内検索


P♪に個人的メール

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

カテゴリ別記事
月別記事