スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

差別。

同成婚がアメリカで合法化して二年が経ちましたが、そういう偏見ってなかなかなくなるものではないですねぇ。

今日ウチのお兄さんをお迎えに行ったら大人に囲まれ事情聴取されていました。あーあ、また悪さしたかと思いきや、今回はバスのなかで「(お兄さんは)男の子が好きなんだ、やだー」と子供たちが騒ぎ出したためどうしてそういうことになったのか事情を聴かれてただけでした。

詳細もろもろは省きますが、私が思ったのは
1.個人の性的嗜好は個人の自由(どーでもいいじゃない、害があるわけじゃなし)。
2.子供たちがそう騒ぐのは社会でまだゲイが差別の対象とされている証拠(よっぽどましになってきたとは思うけど)。
3.イーサンの「男の子が好き」発言はおそらく性的嗜好としてではなく、人間の話。その揚げ足取ってからかうような文化が子供たちの中でも深く根付いている(これは周りの大人の影響大、いじめってこうやって始まるのよね)。
4.それでからかわれてもケロッとしてたお兄さん(えらい)。

NCに住んでいたころ、学校区で住居を選択しましたがあの選択は間違っていなかったと確信しました。今のところは長期でいるつもりはないのであまり学校区にこだわらなかったのだけど、学校区によっては残念なところもあるのがはっきり分かりました、今のところがまさに残念を極めます。

それにしても、ウチのお兄さん勉強に集中しないし問題ばっか起こしてるけど、こういうの気にしてないってのはきっといいことなんでしょう。。。(たぶん)


P♪ のブログ。
米国で自由なパワフル8歳男児に振り回されっぱなしな働くお母さん。このやなわらばーはどうしてくれようか。

コメント・トラックバックは受け付けておりません。下記のメールフォームから連絡可能です。限定記事のパスワードは、面識がある方のみに差し上げています。
ブログ内検索


P♪に個人的メール

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

カテゴリ別記事
月別記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。