逆光特集。

こんな田舎街なHavelockだと言うのにサーカスが来るというので、タダ券も頂いたことだし行ってきました。
DSC03999c.jpg

タダ券なだけに大変ハズレな席で(自腹で買ったらハズレ席でも$17でしたよ)、微妙に遠かったり、柱がど真ん中にあったり、ライトが変な向きだったりして、それにとっても良いカメラを持ってるわけでもないので変な写真がたくさん撮れました。

こき使われるトラさん(の影)。
DSC03951c.jpg

頭の無いラマっぽいの×2。
DSC03969c.jpg

ラクダの背から日が昇る、みたいな。
DSC03967c.jpg

ちょこんと座るゾウさん(後姿のみ観察可能)。
DSC03980c.jpg

一番上の写真は大砲に撃たれるこの方の影でした。
DSC04001c.jpg

動物の写真ばっかですが、人間もいました。動物を操ってるのは人間だしね。人間も芸してたね。でもサーカスって動物保護団体からクレームきそうね。私の文章の書き方が楽しくなさそうですがそんなことは無く、楽しかったんです。うん。次はVIP席に入りたいです。

ちなみにこのCole Brothers Circusは週末ジャクソンビルに出没するらしいですよ。

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

Yooさんへ

あ、当日券だといい席がなくなっちゃうんですね~。今回は席の指定がなかったけど、私は席指定があったほうがいいなぁ。同じ金額払うなら早くチケット買っていい席に行きたいですよね。

そう、動物愛護の意味でサーカスはヒドイと思うんですよ。イルカショーもある意味ダメですよねぇ。結局捕獲して見世物にしてるわけだし・・・と動物って難しいんですよね~。

kmさんへ

そちらにも来てますか~。多分、その辺に大型トラックがたくさん停まってたのでそれで動物運ぶのかな? トラの扱いは酷かったですよ、バシバシ鞭で叩かれてましたし、写真撮るための見世物(しかも写真撮るのに5ドル)でしたし、動物愛護の意味ではサーカスは存在しない方がいいでしょうね~。っていうか私は人間も見世物になってるってのが気になるんですけどね。あんまり深く考えると色んなことができなくなっちゃいますが(笑)

No title

サーカス!!楽しそう☆

沖縄で、当時の彼氏と見に行って、当日券だったから
か、お金を払ってもいい席じゃなく、この写真の状態で
観覧したの思い出すぅー。

まぁ、それでも楽しかったからいいんだけど、見るなら
次回はいい席でって思ったなぁ。

はっ!確かにそうだ。動物愛護団体としてはOKなのか?
うーん、そうなるとちゅらうみのイルカショーもダメ?
こういうのは『人間と動物の共存』かつ『信頼の上に
成り立つもの』として認められているのかな?一生懸命
頑張る動物やイルカ達を見ると、私はそれだけで感動
して泣いてしまうのよねぇ。年とともに涙腺が脆く
なってくるので困っちゃう。

No title

この方々、こちらの「田舎」にもおそらく来てますね。
こんなに大きな動物ばかりどうやって運んでいるのでしょうか。
うーん、やっぱり動物愛護団体とか何も言わないの?って気になりますね。
わたしは動物が可哀想に思えて動物園すら行けないタイプの人間です。
でも人間と仲良くやってる場合ももちろんあるんでしょうね♪(そう思いたい)
P♪ のブログ。
米国で自由なパワフル8歳男児に振り回されっぱなしな働くお母さん。このやなわらばーはどうしてくれようか。

コメント・トラックバックは受け付けておりません。下記のメールフォームから連絡可能です。限定記事のパスワードは、面識がある方のみに差し上げています。
ブログ内検索


P♪に個人的メール

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

カテゴリ別記事
月別記事