スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嫌いな育児書。

お断り。
私の独断と偏見が満載の記事です。気に入らない方はスルーでどうぞ。

渡米して、イーサンが生まれて、数は減ったものの本だけは一応読みます(日本語限定)。最近は育児関係がほとんどになってきた。でもやっぱりオススメしないものもたくさんあるのです。

基本的に「自分はそう思う」的・主観の入りまくった書き方をした物は嫌いで、そう思うなら思っとけ、本出して金取るな(怒)と私は思ってしまうのです。あと本気で嫌いなのは「こうしなければいけない」という考え押し付けまくりの本。そんな物にお金を出してしまった際には自分も嫌いになりそうになります。

ということでオススメしない育児書特集♪

オススメしない育児書--------------------------------------------

天才は10歳までにつくられる―読み書き、計算、体操の「ヨコミネ式」で子供は輝く!天才は10歳までにつくられる―読み書き、計算、体操の「ヨコミネ式」で子供は輝く!
(2007/04)
横峯 吉文

商品詳細を見る

書き方が大変暴力的なこの一冊、読み方によってはこの「ヨコミネ式」以外は抹殺せよと読めます。更に何が悪いってその教育方法自体も子ども個人を完全無視した方法。私自身、子ども個人の興味を無視した「早期教育」に反対なので、早期教育万歳な「ヨコミネ式」には賛成しかねます。あ、この「ヨコミネ」さんはあのゴルファーと関係ある方らしいですよ(どうでもいいけど)。




子どもは「話し方」で9割変わる (リュウ・ブックス アステ新書)子どもは「話し方」で9割変わる (リュウ・ブックス アステ新書)
(2009/02)
福田 健

商品詳細を見る

日本アメリカと変わらずお歳を召した方が「自分が常に正しい」という考えを押し付ける・・・というのは良くあることですが、この本はソレを文章化した本。例えば研究やらがあって結果があるのではなく、自分がこう思ってるから正しいんだ・・・って書いてる印象しか受けませんでした。ちょこちょこ良いこと書いてるのに、残念。もっとちゃんと研究して出版しようよと思ってしまった一冊。




子どもを幸福にする愛、辛くする愛―“こころ”を育てる心理学 (青春文庫)子どもを幸福にする愛、辛くする愛―“こころ”を育てる心理学 (青春文庫)
(2003/06)
加藤 諦三

商品詳細を見る

私、この著者自身が好きでは無いです。上の本同様「自分がこう思ってるから正しいんだ」という本。しかもこの方の場合、ちょっとしたところにどっかの本か講演会かのパクリかしら?と思えるところがあるのです。この著者は結構売れてて本屋にもいっぱい並んでますが、何が良いのかわからない。それを知ってて購入した自分に腹が立つ。

オススメしない育児書-----------------------------------------終

気に障った方がいらしたら、失礼しました。

あ~でも書いてすっきりした。

テーマ:育児日記 - ジャンル:育児

コメントの投稿

非公開コメント

Mぐみさんへ

参考にしてもらえると嬉しいです♪
オススメはたくさんあるんだけど、私、マニアックだからねぇ(笑)日本にいて図書館にいけたりしたら日本の本をもっと読めるんだけどな~。

chicakesさんへ

結構育児書も自己主張が強いものってありますねぇ。しかもそれがベストセラーだったりするの、私には納得いきません。もっとオススメのもあるのでまたそのうち書きま~す。

さっちゃんへ

参考(?)にしてもらってありがと~。

私は日常主観たらたらだけど、本はやっぱり客観的じゃないとね~、しかも育児書だし。そうよね~、男性の方が分析に長けてると私も聞くけど、そ~んなことないのね。年かねぇ。私も詰め込み方早期教育はパス。

No title

参考にさせていただきます!!逆に、ぴちよぉ♪さんおすすめの本が知りたくなりました(´ ▽ `)ノこの前の、だるまさんの本みたいに、是非是非今度「これはよかった。ぴちよぉ♪お気に入り特集」してくださいー☆

No title

そうかーこんなにいろいろ自己主張の強い育児書があるんですね。これらのどれも読んでないので助かりました。こういう本のレヴューはとても役に立ちます。

メモメモ…

ありがとー!すっごく参考になったわ。
私も客観性のない文章(人間もですが)はニガテです。

男性は分析する能力に長けていると聞きますがねえ。
年を取ると、独善的になってしまうのかもね。

早期教育。
親にとっても子どもにとっても「能率的」なんて
言う人もいますが、私もちょっと遠慮するわー。

Schatziさんへ

本当だ・・・気がつきませんでしたが、男性ですねぇ・・・。
(私、男性嫌い・・・?w)

不思議だ

すべて男性なんですね、著者。そこんとこ、すっごく不思議。
P♪ のブログ。
米国で自由なパワフル8歳男児に振り回されっぱなしな働くお母さん。このやなわらばーはどうしてくれようか。

コメント・トラックバックは受け付けておりません。下記のメールフォームから連絡可能です。限定記事のパスワードは、面識がある方のみに差し上げています。
ブログ内検索


P♪に個人的メール

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

カテゴリ別記事
月別記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。