ウォルトンさん。

最近色々考えてたものの一部を書きます。本気で色々書くとそれこそ論文ができてしまいそうなのでパス。そんなん誰も読みたくないだろうし。

ウォルトン一家の経営するWalmart、アメリカに住んでたら知らない人はいないですよねぇ。食品から園芸品、衣料品、、家電用品、ついでに銃なんかも売ってるお店です。

Havelockって何も無いので雨の日なんかはイーサンを遊ばせるために行ったりするし、他のスーパーよりは大概安いので行きますけど、あんまり好きじゃありません。だって汚いんだもん。

いくらなんでもコレは無いでしょうと思うけど、実は良く見る光景。多分賞味期限チェックしつつ商品入れ替えしてるんだろうけど、日本だったらあり得ないよね。

あと駐車場。
IMG_0291c.jpg
写真じゃわかりにくいけども、ガムとか飲み物とかそのまま地面に捨てたみたいで、汚い。

使用する人の心意気が悪いんだよね・・・Walmartって多分客の多くは低所得者、そして自己中度の高いアメリカ・・・所得が下がるとモラルも下がる、とは言いたくないけど多分それが現実なんだよねぇ・・・。PEOPLE OF WALMARTってサイトが出来るくらいだし。これも言いたくないが、夕方以降になると客層の人種が変わってエライ物騒になる。

アメリカンドリームなんて言葉だけ、実は大量消費のゴミ箱みたいな国だよな・・・って思ってしまう今日この頃なのでした。Wikipediaで「アメリカ合衆国」で検索したら「所得格差・資産格差」と「大量消費、拝金主義、物質主義」の欄でかなり明確にさくっと私の思ってることを書いてた。興味のある方はどうぞ。

考えすぎね、もっと気軽に自己中に生きても良いのかもね。

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

misuzuさんへ

本当、もっと経済力があったらウォルマートには行かないですが、そうもいかないですよね。私も基本カミサリーですが、次はウォルマートですねぇ。そうですね、ターゲットに食品売り場があると良いですね、といってもHavelockからだと隣町に行かないといけないですが。
私もPeople of walmartにならないように気をつけなきゃ(笑)あのサイトって特異な例かと思いきや、ああいう人って本当にアメリカに、ウォルマートにあふれてますよね・・・。
Ramseyさんの言うことって納得できるんですけど、そして参考にしたいんですけど、結局は結果的にアメリカ人の拝金主義、物質主義と借金大好き主義がなかったらRamseyさんんも儲からないんですよね。ということでハマリすぎないようにします。

kmさんへ

そうなんですよ、犯罪率が高そう・・・夜は特に店内なのに怖いですよね。そうそう、高所得者ではウォルマートには行かないって聞いたことあります。高校の時ラスベガスに留学してたんですが、その時のホスト(弁護士一家)が絶対にウォルマートには行きませんでした。というかウォルマートの存在すら知りませんでした。
そうそう、看板変えて改善図ってるみたいですが無理でしょうねぇ。従業員もやる気ナシだし、掃除してるんだかわかんないし・・・。

mieさんへ

わかりますか~。
日本と比べてゴミの分別も全く進んでないですよね。沖縄の人口130万人、沖縄にいるアメリカ軍人軍属が5万人弱なのに、沖縄のゴミの半分はアメリカ軍人軍属が出してるそうです。酷いですよね。わかりますよ、アメリカ人の自己主張のすごさ、っていうか義務を果たしてから権利を主張しろ(怒)と思うのです。隣街NewBernのウォルマートはHavelockより酷くてスラム街状態ですよ。一人じゃ怖くて行きたくありません。
自己中じゃないと損をする・・・ってのがホンネですかねぇ・・・。

wild bambiさんへ

これは朝早く(8時とか)に行くと良く見られる光景なんですよ~。時間が遅くなるにつれてマナーの悪い客が増える気がするので私は朝にしか基本行かないんです。
私はどっちかというと逆で、日本に住んでてアメリカに旅行に来た時はウォルマートが好きだったんですよ。でもアメリカに移住して現実が見えてくると、嫌いになってきたんです。
でも旦那さんの実家の気持ちもわかるかも。私も一旦カミサリーに行き始めると他の店は行かないし、カミサリーに欲しいものが売ってなくてもFoodLionやほかのGroceryStoreには行かないですし。

keikoさんへ

確かに地震の後に見えますね~(笑)
午後→夕方→夜と客層が物騒になるので私は朝(しかも8時とか)に行くんですが、ちょうど商品入れ替えの時間でどこもかしこもこんな感じですよ。

Mぐみさんへ

そうそう、げんなりすることが多い。トイレとかあり得んくらい汚いよね。本当、お金と心の余裕って実は大切なんだなって思う。やっぱり田舎ほど汚くなるよねぇ。っていうかJacksonvilleのウォルマートはHavelockよりマナーも清潔度も低い・・・。そ、安いから結局ウォルマートなんだけどね、もっとお金に余裕があったら行かないけど(笑)

あいへ

あ、でも店舗によってはキレイなウォルマートもあるよね。でも基本汚い・・・。

No title

分かりますよ~、ウォルマート、できることなら行かずに済ませたい。でもやっぱり、カミサリーの次に安いから行ってしまう。。。っていうか、ウォルマートが牛耳ってるから、他に買い物する場所がないのが現実。ターゲットにも食品売り場があればいいのにな~。
上の写真ひどい~、一応うちの近くの店舗ではここまでは見た事はないし、誰もがこの店は他のところよりキレイでいいって言ってるから、自分たちはまだラッキーだったと思います。。。
People of Walmartも見たことありますよ~。そんな感じの客を見かけると「あっ、People of Walmartだっ!」って一人でつぶやいてしまう。で次に、「自分もその一人だったらどうしよ~!」って怖くなったり(笑)。
拝金主義、物質主義、まさにその通りですね!アメリカのそういうとこが自分も大嫌いです。Dave Ramseyも、そのせいでみんな見栄張りばかりで借金だらけなんだって言ってますよね~、そうそうみんなその異様さに早く気づくべきです!

No title

うちもwal-martに行く頻度は以前に比べて少なくなりました~。
はい、同じ理由で。
カートは汚くて真っ直ぐ進まないし、客層も悪いし、犯罪率も高そうだし・・・。
でも一番の理由は駐車場が混んでいてキャッシャーも混んでたりしてなんだか無駄に時間くっちゃうってことでしょうか。
ちょっとお上品な感じの知人の白人のおばちゃんが「主人がダメって言うからwalmartは一度も行ったことないのよー、ほほほ。」って言ってました。
なんと言うか、walmartって負の空気が流れていますよね。
でも新walmart(茶色の看板)はそんな雰囲気を脱しようとしてるみたいですね。結果的に2つのwalmartができるみたいな・・・。

わかりますよ~

アメリカが大量消費の国だということはこっちに来てすぐ気付いたんです。
日本はエコエコって結構うるさいけど、こっちはそんなのどこ吹く風って感じで。
いくらこの国の国土がバカ広いとは言え、いつかこの国はゴミだらけの国になるんだろうな~って私は思ったりしています。
日本人は自己主張をあまりしないと言われますが、アメリカの人は自己主張しすぎ、煩わしいぐらいに。
確かに、ウォルマートは店舗によって店内も汚いし、客層も悪いところもありますね。そういう所は同じアメリカン人のうちの旦那様も行きたくないと言ってわざわざ遠くの綺麗なウォルマートに行くこともあります。それでも安いので行っちゃうんですが・・・・。
ある程度自己中じゃないとこの国では生きていけないのだと思います。

No title

え~っ!ちょっと一枚目の写真ビックリ!こんな床にダダーッと品物が落っこちてる(置いてある?)のは初めて見ましたよ~(汗) ウォルマート、近いし遅くまでやってるからカミサリーで日中買い忘れた物とかよく買いに行きますけどね、、雰囲気は確かにあんまり好きじゃないです。でも昔と比べるとこの貧乏で安っぽい雰囲気に若干慣れつつある自分が怖いです(苦笑)
ちなみにダンナの実家があるテネシー州メンフィスのウォルマートはもっと柄が悪い感じしますよ。でもダンナの実家は完全ウォルマート派で、大きくて楽しいKマートやターゲットがあるのに殆ど行かないみたいです。。

No title

うわ、ひどいですね
一瞬地震の後??とか思っちゃいました
郷に入れば郷に従え、ってとこですかね
でも人として最低限のマナーは守りたいですよね

No title

ぶっちゃけぴちよぉ♪ちゃんの言ってる事感じるよ。アメリカに来てすぐの時さ、一々ビックリしてたもん。相方にも「welcome to the US of America!」とよく言われてた・・・げんなりする事が多いよねぇ。悲しいことに、それに慣れてきちゃったような気もする。アメリカ型の資本主義の総決算が、このウォールマート。もう少し、みんなに時間とお金と心の余裕があれば、きっともっと丁寧な生き方が出来ると思うけどね。田舎と都会の格差はひどいもんだし。。。一筋縄にはいかない問題だよよねぇ。

とか何とか言いながら、私もウォールマートに買い物に行くんですけどねw

No title

うーん・・・さすがに↑パンコーナーは酷いねv-12 何も床にそのまま置かなくてもって感じv-37 こっちのウォールマートは意外とキレイだよ。
P♪ のブログ。
米国で自由なパワフル8歳男児に振り回されっぱなしな現・無職なお母さん(2017年秋)。

このブログと私について。

コメント・トラックバックは受け付けておりません。下記のメールフォームから連絡可能です。限定記事のパスワードは、面識がある方のみに差し上げています。


ブログ内検索


P♪に個人的メール

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

カテゴリ別記事
月別記事